ひるね

ホロスコープをもとに、占う輩がジャニーズWESTのあれやこれやを勝手にさぐっています

【小瀧望】「恋愛現場での傾向」をさぐる

ジャニーズWEST占星術でこねます。与太。

本日は小瀧望くんの「恋愛現場での傾向」をさぐります。

「恋愛現場での傾向」をさぐるには「好み&受け身の時の気質」を表す金星と「働きかけの時の気質」を表す火星をよみます。

◎小瀧くんの金星サイン(星座)は双子座、火星サインは蟹座になり、これを「恋愛の現場」にあてはめると

【A】女性(彼女)からの受け身の状況⇒金星・双子座
【B】女性(彼女)への働きかけの状況⇒火星・蟹座

となります。

つまり、恋愛の現場で小瀧くんは

・好奇心旺盛で頭の回転の早い女性に惹かれる
・気持ちや主張をわかりやすく表現し合いたい
・こちらから働きかけたい
・情感の繋がりを大事にしたい

という傾向になるとよめます。



そこに他の天体との位置関係を加味すると…。

・自分からはベッタリしたいけど、されるのはあんまり…⁉
⇒自ら働きかけるのは好きですが、されるのは好きではなさそう。追いたいけれど追われたくはないタイプなので、互いに独立・自立している関係の上で「自分から」(もしくは自分だけ⁉)働きかけたい傾向があります。束縛・強制されるのはイヤだけど、自分からはしたいというマイペースぶりですが、小瀧くんだからこそ許されるのでしょう。自分から働きかける時は犬キャラ、相手から受ける時は猫キャラとも言えます。

・自分たちらしいコミュニケーションを楽しみつつ、真面目な恋愛をしたい
⇒自分らしい考えや感覚を大切にしながらも、堅実さ・常識かどうかといったことを心に留めています。これは無意識に相手にも求めており、行動的・好奇心旺盛でありつつ、マナーや礼儀がしっかりしている女性に好感を持ちそう。常識のないような子は苦手で、「バカな女は嫌い」という一言に尽きそうです。

◎浮気傾向
⇒コミュニケーション能力が高いためモテますが、基本的に警戒心が強く、リスクを排除する傾向があるため、いざ実行に移す可能性は低いようです。

◎おせっせ♡傾向
⇒欲求は強く官能的な性質で、基本的に能動的なため、ソフトなSと言えそう。「してもらうよりもしてあげる」方を好むタイプです。ただ、おせっせに対し真面目な考え方をもち、精神的な繋がりや安心感を大切にするため、ひとりよがりではなく相手のことを考えながら進める傾向にあります。

【総括】
ホロスコープ上では「自分からは相手にベタつくけれど、されるのは嫌!」とよめる小瀧くん。まったくもって、わがままのんちゃん! ですが、そこが魅力になっているところは認めざるを得ません。末恐ろしい最年少…。ここから察するに、対小瀧くんのポイントは、ベタつかれるのを受け入れつつ、こちらはそっけなさをキープすること…とすると、やはり濵ちゃんの対応は完璧⁉