ひるね

ホロスコープをもとに、占う輩がジャニーズWESTのあれやこれやを勝手にさぐっています

【重岡大毅 神山智洋】「関係性・相性」をさぐる①

ジャニーズWEST占星術でこねます。与太。

本日は重岡大毅くんと神山智洋くんの「関係性・相性」をさぐる、第一弾。

★「公の顔」を表す太陽からさぐる
重岡くんの太陽は4元素で「土」の乙女座、神ちゃんは「水」の蟹座なので、同じ仲間ではありません。しかし、「土」と「水」は親和性があり、適度に刺激がありつつ調和しながら関係を深めるとされています。少し異なる視点を持ち寄り、より良いものを生み出していくイメージで、互いに助けとなる傾向が。確かに重岡くんと神ちゃんは「似てないふたご」といいますか、キャラは全く違うけれど方向性が同じバディ感というかバッテリー感というか、凸凹故の噛み合いっぷりが気持ち良い。よくいわれる“チップとデール”もなかなかのハマり具合。その場合、しっかり者のチップが神ちゃんで、ちょっと抜けキャラのデールがしげちゃんかなぁ。バッテリーであれば、少年ジャンプ顔のピッチャーがしげちゃんで、“女房役”のキャッチャーが神ちゃん。話題がそれましたが、かみしげの2人はガチガチのライバルというよりも、助け合う仲間のイメージ。

★「思考、コミュニケーション」を表す水星からさぐる
重岡くんの水星は自己表現・創造性・ドラマ性を求める獅子座。対する神ちゃんは、情感・みんな一緒を求める蟹座です。サイン(星座)が異なるので、性質は異なりますが、面白いことに神ちゃんの水星は蟹座の最終度数にあります。つまり次のサインである獅子座の1歩手前。ですから、サインは蟹座だけれど、視点は次のサインとなる獅子座に向けられているあるともよめます。性質としては変化の途中でグラデーションがかっている雰囲気ですね。ですから、思考・コミュニケーション方法に関しては「獅子座的なものを持つ蟹座さん」でもある神ちゃん。イメージとしては、蟹座要素の情感や身内を大切にしつつ、獅子座要素の自己表現について面白そうだなー、と見ている感じ。この点をふまえると、神ちゃんからは重岡くんの表現やコミュニケーションを「自分はやらないけど、面白そうだし、理解できる」とよむことができるかも。
これは、5歳児全開の重岡くんに対する神ちゃんの反応のようなもの⁉ 確かに、神ちゃんは5歳児にはならないけれど、重岡くんには温かい目を向けているような…。